接客業必見!お客様に好かれる私になる5つの方法

色んな人がいるから対応もそれぞれ。正解がわからなかったり、難しく感じることも少なくない接客業。一瞬の出会いかもしれないお客様から、VIPやお得意様にも好かれる素敵な対応を目指しちゃいましょう。

目指すは老若男女に愛される接客

小さなお子様からご年配の方まで、万人ウケの素敵な接客でお客様から愛されスタッフを目指しましょう♡

出典: weheartit.com

今すぐ実践できる基本的な5つのポイントを紹介します!

①気持ちを伝えるアイコンタクト

ポイントは、言葉の最初と最後にお客様と目を合わせることです。

出典: weheartit.com

目を合わせることで誠意が伝わります。安心感を与えることもできますので、小さなお子様からご年配の方の心をガッチリ掴むことができますね。

②100パーセントの笑顔

やはり一番大切なのは笑顔です!

出典: weheartit.com

口角が上がっているか、目が笑っているかの2つのポイントをしっかりおさえましょう!目が笑っていないと不自然で怖い表情になってしまいます。自分の目の奥からの笑顔でお客様を笑顔にする気持ちで♡

出典: weheartit.com

接客の研修などで、お箸を前歯で横にくわえ、その口の形をキープして笑顔作りの訓練を行うところもあります。その形を自然に行うのは意外と難しい…ぜひ鏡の前で試してみてください!

③上手く使いたい困り顔

謝罪しなければならない場面に遭遇したとき、あなたはどんな表情で謝罪をしていますか?

出典: weheartit.com

意外といるのが、なぜか笑顔での謝罪。これではお客様に申し訳ない気持ちが伝わりません。眉毛をハの字にして、表情からも謝罪の気持ちを表しましょう。謝罪の場面でいかに対処するかで接客スキルが問われます。

④クッション言葉をフル活用

クッション言葉、上手く使えていますか?この言葉があるかないかでは、接客の印象が変わります。

恐れ入りますが/お手数ですが

相手の方に何かしていただく際に使います。接客をする上で使用頻度の高いクッション言葉ですが、接客に慣れてない方は意外と出てこない言葉です。スマートに使用したいですね。

出典: weheartit.com

失礼ですが

一歩踏み込んだことを聞きたい時に使うと良いクッション言葉。お名前を聞く時などに使いたいですね。

出典: weheartit.com

申し訳ございませんが

「すみませんが」よりも美しい表現ですよね。何かお断りしなければならない時に使えるクッション言葉です。

出典: weheartit.com

お客様に何かお願いをしたい時は「~していただけますでしょうか?」「~しても宜しいでしょうか?」など疑問形で聞いてストレートな表現を避ける方がベター。柔らかい表現を身に付けましょう。

⑤その一秒は惜しまない!丁寧な動作

どんなに忙しい場面でも、焦りを見せないのが接客のプロ。きびきびとした動作は大切ですが、お辞儀やお客様とのやり取りの丁寧さは忘れてはいけません。

出典: weheartit.com

お辞儀のその数秒を惜しむことで、雑な接客に見えてしまいます。接客をする上で、削るべきところと惜しんではいけないところの区別をつけることで更に素敵な接客を行うことができます。

やっぱり接客が大好き♡

出典: weheartit.com

100人いれば100通りあるのが接客の仕事。基本をおさえて日々スキルアップして多くのお客様に好かれる接客を♡

一覧に戻る