静かに引かれてる!オフィスNGなストッキングはこれだ!

春になり、黒タイツを脱ぐ時期になりました!でも、そのストッキング引かれてるかも・・・?意外と自分では気づかないNGストッキングや、シーン別ストッキングの選び方を足元のフォーマルランクとあわせてご紹介します。

春。黒タイツを脱ぐ季節

出典: weheartit.com

春が来て、黒タイツからストッキングに履き替える季節になりました。でも、ちょっと待って!オフィスで久々に履くそのストッキング、本当に大丈夫ですか?そのストッキング、静かに引かれてるかもしれません!

意外と自覚のないオフィスNGストッキング

本人は意外と自覚が無かったり、他人も指摘しにくかったりするストッキングに関するお悩み。実はストッキングにもちゃんとマナーがあるんです♡今回はNGストッキングの種類や、シーン別の選び方をご紹介します!

スタイルを決める「足元フォーマルランク」

出典: weheartit.com

ひと昔前の働く女性の足元は肌色のナチュラルストッキングと相場が決まっていましたが、現在はワークスタイルの多様化により「どこまでOKなのか」が曖昧。悩んでいる女性は意外と多いものです。

15cfebd97e8333ee9053bc6be05c06a5ピンもと: madeleine.de

まずは悩まないために、足元のフォーマルランクを3段階ご紹介します。自分がストッキングを履くシーンが、どのランクに当てはまるかをまずは確認してみましょう!

フォーマル・セミフォーマル

結婚式やセレモニー、入学式等はこのランクに当たります。服で言うとドレスなど適度に華やかなもの。足元はハイブランドのストッキング・ドレスアップストッキング等がおススメ。色は弔事を除いて肌色がマナーです。

ビジネス

292e8f7e28d44e29968508e2a89fd061ピンもと: stylishwife.com

取引先の訪問や数社でのプレゼン、重要な会議などのシーンがこのランク。服で言うとカチッとしたジャケット、スーツ上下、センタープレスパンツ等。足元はデイリー使いのストッキングで、やはり肌色が無難です。

オフィスカジュアル

ピンもと: oggi.tv

内勤、社内プレゼンなどのシーンがこのランク。服で言うとソフトジャケットやきれいめのスカート、パンツなど。足元は基本的に上記のビジネスシーンと同じ。職場によってはカラータイツ、レギンスOKなことも。

オフィスNGなストッキングは?

ご紹介したフォーマルランクから、NGストッキングはシーンによって異なることがわかります。まずは自分のスタイルに合わせて選んでみましょう!次に、自分では意外と気付かないNGストッキングをご紹介します。

黒の薄手ストッキング

弔事以外の着用は、セクシー感が増してしまうこともある黒の薄手ストッキング。足が細く見えるので選ぶ方も多いですが、年配の女性は敬遠することもあるので注意!接客業の方も避けた方が賢明とのこと。

シアータイツを履きたいときは、グレーやネイビー、濃いカーキなどがおススメです。

股上が長すぎるもの

つい油断しがちな、座ったりしゃがんだりするシーン。ウエスト部分からからパンスト腰部の履き口部分が見えるとちょっとガッカリな感じ・・・。そんな時はガーターや、太もも部分までのストッキングを選ぶと安心♡

ガーターは女性らしさを増幅させるアイテム。オフィスや取引先に気になる男性がいる時はあえて選ぶのもイイかもしれませんよ♡

1足500円以下のストッキング

サイズを確認して買っても、安価なものは網目が緩んできます。知らないうちに足元がたるんでいた・・・なんてことになると一気にだらしなく老けた印象になってしまいます!目安は1足500円以上が丈夫で安心です。

ネットタイツ

出典: stella-stella.co.jp

いわゆる網タイツ。肌を全部覆われるのがイヤ!という女性が着用していることがありますが、肌色でもカジュアル度が高く素肌が見えるため不快に思う人も。職場の先輩が履いてない場合は避けた方が無難です。

色味が白浮き&濃すぎ

色が白浮きしたストッキングは足が膨張して見え、老け脚の印象を与えてしまいます。また、少しでも足を細く見せたい!と少し暗めの色を選ぶこともあるかと思いますが、これも色味が暗すぎると同じく老け脚に・・・。

6b0ec2ac0a952e6dee3c74760cd348ed

ピンもと: curet.jp

ストッキングは試着ができないので色味の確認が難しいですが、「ナチュラルベージュ」「ヌーディーベージュ」という表示のものならまず大丈夫です!

足を美しく魅せるツール、ストッキング

39ec645b40e7854d848c27620b2c21a2

ピンもと: oggi.tv

ついつい消耗品として捉えがちなストッキングですが、「自分の足を美しく引き立ててくれるアイテム」として選ぶと少し意識が違ってくるかもしれません。オフィスで浮かないことを大前提に楽しみましょう♡

一覧に戻る